宇宙兄弟 漫画 5巻 43話 内容ネタバレ


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 5巻 43話 内容ネタバレです。

今回の話のタイトルは

「夢の途中」です。

それでは行きます。

冒頭はAPOに起こされる日々人から始まります。

 

第3次審査の結果について六太にメールを
送ったが、未だ返信なしなことが少し気がかりな
日々人。

 

その日はNASAで日々人たちCES51のクルーたちは
フライトプランを本番通りに48時間ぶっ通しで
シミュレーションする訓練だった。

 

シミュレーターの中で、
「まだまだ俺にもやりたいことがある。月だけじゃなく
新たな目標が止まらない・・・ムッチャンが思うほど俺も
むっちゃんも大差ねぇぞ。」

「俺達はまだ夢に向かってる途中だ」

 

そう言って、六太の事を気にかける日々人。
非常に兄思いのいいやつですね~

 

そして、その一方で六太は福田さんと
スカイツリー?or東京タワーに無職のおっさん
二人組で観光をしていた。

 

ここで、福田さんが次の就職先が決まっている
ことが明らかになります。

 

その就職先というのが日本で始めて民間から
有人宇宙ロケットを飛ばそうとしているベンチャー企業。

 

そして福田さんの口からはこんな言葉が

「一度ゆっくり君と話したくてね。俺を言わなきゃと
思ってた。時計を壊したのを渡しだと知っていたのに
秘密にしててくれたことや、最後に2人を選ぶときに
私にもチャンスをくれたこと・・・・本当に感謝してる」

「こういう人が選ばれるのかもしれないってさ
そんな気がしてたんだよ。」

 

 

 

 

「本当にそうなって良かった。ヒューストン行き、おめでとう!」

 

なんと六太合格です!!最終選考に
残りました~

 

しかし、42話で男性陣の合格者は残り1名と
アナウンスされていました。つまりケンジは不合格・・?

 

六太はケンジに対してどのように
コンタクトを取ればいいのか迷っているところだったのです・・・・

 

今週のおもしろポイント

スカイツリーか東京タワーかわからないですが
カップルの会話がツボりました。

 

「見て見て、たっく~ん。高ーいスゴーい高ーい」と
彼女が言ってからの

 

「ホントだね。

車がゴミのようだね。」

 

なぜ、その言葉チョイス(笑)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ