宇宙兄弟 漫画 3巻24話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 3巻24話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

私の名前は伊藤せりかです。」です。

それでは行きます。

冒頭せりかの小学生時代から始まります。

学校の宿題で「自分の名前の意味」を発表する機会があり
その意味を父親に聞くせりか。

父の答えは「意味は特にないなぁ」

その後の、せりかの顔が印象的ですよね。なんか知っては
いけないものを知ってしまった時のような顔。
小さい頃にそんな事言われたら自分もショックを受けていたと思うので。

父親が振り返った時にはもうせりかはいませんでした。

話は変わって閉鎖ボックス内。
時間を当てる課題終了後の翌朝ですね。

8時に起きた一同は新たな課題を言い渡されます。
それが、閉鎖ボックス内で過ごす2週間を既に渡されている
食料だけで上手に乗り切ること。

調理場で宇宙食を見つけたA班一同は宇宙食を朝食に決定。
その最中、新田がどうやって2名を選抜しようかという提案を
します。

これはB班もC班も同じでB班の場合は毎日各人が1位~5位を
選んで1位には5点、2位には4点のように毎日得点を付けていき
最終点数で決める方法。

C班も同じような方法で毎日自分以外の人から2名その日のMVPを
選んで最終的に獲得投票が多かった人が勝ち抜ける方式。

一方A班は年長者の福田さんの提案で
急いで今決めずにまずはお互いのことを知ろうと言うことで
自己紹介をすることになります。

まず最初に自己紹介をした六太。その次にせりかさんを指名するが
その時に「次はせりかさん」と言った時に、やっさんに「そこまで
の仲じゃないのに下の名前で呼ぶのは馴れ馴れしいと言われます」

 

ここでまた話が変わってせりかの小学校時代。
名前がないと言われて落ち込むセリカに対して、父親がしっかりと
名前の由来を話します。

「もともと色々な候補があったけどせりかの顔を見た瞬間に
せりかって呼びたくなったからセリカにした。」

この言葉を聞いたせりかは自分の名前に誇りを持ち、自分の
名前が好きになるというお話です。

物語の最後では食事当番を手伝うよ、という六太に対して
自分のことを名前で読んでくれて良いですよと伝えて
六太は大喜び♪

って感じですかね。物語とはそこまで関係無いですけど
実際に現実的に起こりそうな話ですから、これはこれで
まぁいい話かもですね☆

【送料無料】宇宙兄弟(3)

【送料無料】宇宙兄弟(3)
価格:580円(税込、送料別)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ