宇宙兄弟 漫画 3巻20話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 3巻20話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

バスバス走る」です。

それでは行きます。

前回は全席監視カメラ付きの奇妙なバスに
乗り込んだ所で話が終わりましたね☆

そして今回の宇宙兄弟20話は古谷やすし通称やっさんの
ためのような話だったなぁというのが僕が読んで思った感想です。

ということで、やっさん中心でネタバレしていきます。

20話冒頭で北村絵名が鶴見(ハゲのおっちゃん)に
何時頃到着か?という質問をしたの大して、ツルミー
は「極秘施設へ行くため場所を想定できるような事は
一切答えられません」と回答します。

この質問でバス内は緊張ムードに。

バスの道中、受験生15人全員が1対1で会話をする
「交流会」なるものが開催されます。

時間は一人10分。
コレに関して六太はせりかと会話した10分間は
まるで2分にか感じなかったというとても中途半端な
回想をしています(・∀・)

この、交流会に関する意図に関して、やっさんが鋭い洞察力を
見せます。

監督員であるツルミーが
「隣り合った人と10分間きっちり話をしてもらいます」と
行っていたことに対して

やっさんは隣に座っていた手島有利に対して
「10分間きっちり話してください・・・・や
きっちり10分間とちゃうぞ、10分間きっちりや」

だから会話が途切れたら減点対象になるという
鋭い指摘をします。

また、六太との会話が始まった時にはのっけから
「今 ジブン 俺の顔見て 目ェ小っちゃ!」って思ったやろ。や
「何でこんな奴が3次まで残ってんねん」的なことは思ったやろ

などと指摘し、六太の親中をズバズバと当てていきます☆
やはり3次審査に残るからにはそれなりの能力があるということですね♪

交流会が終わった後に、就寝となり極秘施設に到着
したところで物語は終了します。

なので次回の話からはしっかりと3次審査が始まるようですね♪



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ