宇宙兄弟 漫画 193話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 193話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

「メイ イッパイノ 笑顔」です。

それでは行きます。

193話は個人的にすっごい魅力的な話が詰まったいいお話でした~

 

ビンスたちの月面着陸成功の話有り、南波母・父の軽いボケ有り、日々人の話の進展有り、シャロンとムッタとの会話有り。1話にこんだけぶっこんでくる作者すげ~とか勝手に思いながら読んでいました。

 

まず第一にビンス達の着陸。ピコはリックの墓の前でその模様をパソコンで見ています(座りながら)。月面着陸に成功し、月面基地への移動も完了したビンス達を見て、立ち上がる。

すると幼き頃のリックがピコの目の前に現れて、おきまりのあのポージング!ポージングというか、グータッチですね。やはり見た目は酔っ払いなぴこですが、この時ばかりは何だか私も感動しちゃいました。

そして、ネクタイを外します。つまり仕事が終わったということですね。

そして、六太。久々に日本に帰り、何をしに来たのかというとシャロンに会いに来たんですね!!

「趣味は?ときかれたら”アイスホッケーです”と答えるのが吉」

などと、マイクの前で声を出してふざけているような六太ですが、実はこれその人の声を医療用ソフトに変換するためのテストなんです。このおかげで機械的ではあるものの、シャロンは六太の声をいつでも聞けるようになったってことなんですねぇ。ALS患者の人は喋れなくなり、動けなくなりますが声は聞こえる。

だから、六太の声が聞こえるのはシャロンにとって非常に良いことなんです。そして、久々のシャロンとの対面・・・・

 

ページを開くとやせ細ったシャロンがそこにはいました。ALSのせいで嬉しいのに笑顔が作れないシャロンですが、六太はそれをちゃんと分かって期待に答えよう!と決意するのでした。

 

ちなみに日々人はNASAをやめて、ロシアで宇宙飛行士になろうと極秘特訓中だそうです。JAXA・NASA側にもどんなことをしているかは秘密らしく黙々と宇宙飛行士になるように頑張っているんだそうですよ!!これで兄弟二人月面着陸の夢はまだまだ叶いそうですね!



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ