宇宙兄弟 漫画 18巻 175話 内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 18巻175話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

「血みどろの魂」です。

それでは行きます。

前週はバトラーがエディに対して小粋なセリフを残して
CES-62サブクルーの船長になってくれるように頼んだ
ところで終わりましたね。

まだ見ていないかたはコチラから
宇宙兄弟 漫画 174話

 

冒頭、ブライアンとエディの少年時代。
あのフィギュアを月面に一緒に並べようと言っていた
会話から始まります。

 

そして話は数年前・・・ブライアンが事故で亡くなる前の
2年前まで話はさかのぼります。突然エディの家に訪問してきた
ブライアンは、エディの息子トミーと軽く会話を交わし

 

昔一緒に買った宇宙飛行士のフィギュアの一つを
エディに渡します。

「俺は2年後のミッションで月面に飾ってくる」というブライアンに対してエディは

「俺も月には志望したが選ばれたのはお前だけだ」と返します。

 

しかし、ブライアンは
「いつか”月”に行くべき時は来る」と行ってまるでエディが
必ず月に行くかのような口ぶりでした。

 

ってか前週にバトラーが
「ブライアンは両方弾いたぞ」と言っていた事と、ブライアンが
この年になって初めてフィギュアを置きに行くということから
ブライアンも最初はISSだったんでしょうね。

 

話は戻ってきて現代。
「今から月に行くなんて馬鹿げている」と考えるエディ.

 

自作の歌が出来たという息子のその題名は「血まみれの魂」
その歌詞を読んだエディは「血みどろの魂」の方が力強いんじゃね?

 

と言って息子を送り出します。

 

なぜ宇宙飛行士が息子が宇宙を目指さずに
地獄を目指しているのかと呆れるエディ(笑)

 

そして、話はまたバトラーとエディが会話していた時の
話に戻り・・・・

 

バトラーはCES-51クルーたちが月面に行った時にあるものの
写真を撮っているという旨を伝えます。

日々人たちの計らいでエディには実際に月面でそれを見てもらいたかったがエディが月へ行く気がないというならもう見せていいだろうと
言って

2枚の写真を残していきます。

 

それはブライアンが宇宙に残してきた宇宙飛行士
のフィギュアだった!

 

それを見て涙ぐむ、エディ。このおかげで自分の部屋に
置いてあるフィギュアも月面に持って行かなければならないと
思ったのかバトラーにキャプテン受諾の電話をかける事に。

 

その時の第一声が
「俺の「血みどろの魂」がさ「地獄を目指す」つってんだ」

 

意味わからーん(笑)まぁこれがエディなりの月を
目指すというメッセージです(笑)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ