宇宙兄弟 漫画 17巻160話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 17巻160話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

「明かり」です。

それでは行きます。

NEEMOの評定会議?にて六太が
「他の誰よりも月面にいた」と評された所で前回は終わりましたよね。

 

シャロン望遠鏡が不発に終わり、それをどのように違う
設備に変えたのかが非常に気になる所で終わりました(・∀・)

 

宇宙兄弟17巻160話巻頭カラーから始まります。

 

その、他の誰よりも月面にいたと評される程の
六太のアイデアとは

 

「基地内を明るくする設備を作ること」

 

船外活動をするとしても、月に滞在中のほとんどを
基地内で過ごす宇宙飛行士たちからすれば、節電で
基地内が暗くなってしまうのはストレスの元。

 

そう考えた六太は、基地内設備を明るくすることで
クルーの気持ちも盛り上げようと考えた!

 

普通であれば、基地の周りの設備のことについて
考えるはずだが、クルーの事を考えて基地内の事を
考えた六太に対して上記の言葉が言われるのです。

 

NEEMO終了後の打ち上げでは新田率いるチームⅢの
月面基地モデルの写真を見て笑う六太。勝ち誇る六太。

 

160話の最後ではケンジと六太が少し距離をあけて
目標である月を眺めるところで物語が終了します。

 

もうこれは完全に六太が一番成果を出しているので
月行きは決まりかもしれませんね!

 

バトラー室長も認めざるを得ない感じでしたし(・∀・)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ