宇宙兄弟 ネタバレ 漫画 4巻 38話


スポンサーリンク

宇宙兄弟 漫画 4巻 38話 内容ネタバレです。

今回の話のタイトルは

「一番酷い仕打ち」です。

それでは行きます。

長かった2週間にも及ぶ第3次審査もとうとう最終日
伊藤せりか、やっさん、六太全てのメンガーが
思い思いの考えを巡らせる。

 

特に六太は、どうやって二人を選出するかに
ついて真剣に悩んでいた・・・・・

 

最終日の課題は「今日1日を自由に過ごすこと」
但し16時までには2名を選出しなければならないという。

 

やっさんが日課の課題は全部やっておこうというので

 

計算ランニングなどに取り組むが、六太はその時にも
どうやって選ぶのかを真剣に悩む。

 

「なんで俺らに決めさせるんだよ。JAXAは・・・・

グリーンカードより何よりこれが一番酷い仕打ちだ

 

そう考えてしまう六太。

 

その後も通常通り課題に取り組み、「来た時よりも美しく!」
モットーに閉鎖ボックス内の清掃をしていたA班一同に

 

星加から2名を選出する時間だと告げられる。

 

ッテ感じで終わります。

 

B班では溝口が削除されたデータを復元し(富井が点数をある程度覚えていたため)、計算をし直した結果、1位手島、2位溝口、3位ケンジと
なっていた。どうなるケンジ!?

 

という感じです。A班はどうやって2名を選出するのでしょうか。

 

今週のおもしろポイント

最終日の計算ランニング。何も考えないように
無心で行った結果「エアそろばん」が炸裂しなかったため
正解数は49問。

 

ついに新田の記録を超えることになる六太だが

 

計算ランニング終了後は「ハァハァ」と息を
切らしながらアメリカンジョークの本を読む。

 

その時のヤッさんのツッコミが私的おもしろポイント~

 

「なんやコイツ!?

ハァハァ言いながらアメリカンジョークの本を!」

 

マジで関西人はこういう感じで突っ込むので共感できます(*´∀`)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ