宇宙兄弟2巻18話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟2巻18話内容ネタバレ&感想です。

今回の話のタイトルは

「希望はISSにあり」です。

内容的には、2次審査を受けた皆が六太が所属していた
B班の合格者を祝う飲み会での出来事です。

それでは行きます。

18話は六太と真壁一家でファミレスで食事をしている
ところからスタート。

その後、居酒屋「ぐでんぐでん」に移動し
B班だけで2次審査合格祝賀会が行われます。

もちろん、高木ブーさんと仲本工事さんも
出演されておりますよ☆

 

話の内容はせりかさんが合格したら何になりたいのか
という話。実はせりかさんのお父さんは不治の病で
亡くなっていた・・・・・

その治療薬を開発できるのが無重力状態で実験を重ねる
ことが出来る「ISSの希望モジュール」だけ。

せりかさんはそのISSの希望モジュールで父を亡くした
病気を治すための薬を開発するために宇宙飛行士になりたいと
言うのだ。

 

せりかさんのようにしっかりとした目的があるわけでなく
漠然と宇宙飛行士になりたいという思いで試験を受けていた
六太は自分が宇宙へ行くのにふさわしい人間か否かに悩む
事になる・・・

っていうのが、物語の大体のストーリーですね。
17話に続いて、この話も結構シリアスで考えさせれる
ものがあるお話でした。個人的に!

【送料無料】宇宙兄弟(2)

【送料無料】宇宙兄弟(2)
価格:580円(税込、送料別)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ