宇宙兄弟 第2巻13話内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

こんばんは。ただいま、韓国から更新中です。

まぁそんなことはどうでもいいとして、
今日は宇宙兄弟第2巻の13話の内容ネタバレ&感想編です。

ちょっと、長くなるかも~

ではいきます。

間寺役員の横槍によって、ジャクサの選抜試験に
92%落ちたと思っている六太。

日々人に対して、日本帰国後に就職活動を
することを宣言します。

またも「ドーハの悲劇」を引き合いにして。

でも日々人に
「はぁ~またそれかよ
何かある度にドーハのせいにして、くだらねぇ」

「ムッちゃんはあれか?
世界中に何万人といるドーハの悲劇生まれの人達は
誰一人夢が叶わないっていうのかよ」

「宇宙行くの夢なんだろ、諦めんなよ」

「もし諦めきれるんならそんなもん夢じゃねぇ」

と、かなり熱いことを言われます(ここのセリフ好きなんで全部抜粋
しちゃった(^_^;))

その後、お風呂の中で
「お前は夢を叶えたからそんなことが言えんだよ」って言ってる
六太のセリフ、表情が本当に現実に起こりうることでグッときました。

その後、六太が日々人へ手紙を書くシーンもありますがそこは
飛ばして~

場面は変わって六太とスミス夫妻とAPOが3人1匹で
ファミレスで食事している場面、瞬時に空間を把握して
その場に今何人いるのか、何をしているのかということを
目隠しで当てる特技を六太が披露していた所・・・・

六太に悲劇・・・

何とコロコロムッタ中に何度も見かけた

「消火器男」が今実際にムッタの前に現れます!

果たして六太の運命や如何に!!

というのが、宇宙兄弟第2巻13話「拝啓日々人」の
内容でした~



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ