宇宙兄弟第1巻 内容ネタバレ&感想


スポンサーリンク

宇宙兄弟第1巻 内容ネタバレ&感想になります。

まぁこのサイトでは1話ごとに感想紹介しているので、より詳しい内容は
そちらを見て頂ければと思います☆

では以下より宇宙兄弟第1巻の内容ネタバレ&感想になりますので
ご注意ください。

物語は2006年の7月9日
ワールドカップでジダンが頭突きをして退場を食らったあの日から始まります。
その日も日課の裏山探索をしていた六太(当時12歳)と日々人(当時9歳)の
目の前にUFOが出現!!

この時二人は将来一緒に宇宙飛行士になろうと約束します。
物語は進んで、2025年。
見事宇宙飛行士になり、日本人初のムーンウォーカーに選ばれた日々人
とは対照的に兄の六太は自動車会社に勤務していたものの

日々人の悪口を言った上司に頭突きをかましてしまいリストラの憂き目に。

 

会社の寮を追い出され、実家に帰り落ち込んでいる六太に日々とからの
運命のメール。

「2006年7月9日。あの日のテープを聞いてみろよ」

このテープを聞いたことで六太の運命が変わり始める。

日々人と母によってJAXAの宇宙飛行士選抜試験の書類選考を
通った六太は一次試験も見事パス☆

物語に大きな影響を与える、ケンジやせりかさんなどの人物ももちろん
登場するのがこの第1巻。

 

弟の前を常に歩いていたかった兄・六太。
しかし、実際には弟に先を越され、劣等感の毎日を過ごしている中の
この六太の心情をリアルに描いているのがとっても印象的でした。

 

1巻では六太はまだまだ宇宙飛行士の選抜試験の段階で
アストロノートと呼ばれるにはまだまだ早い段階ですが、最終的には
六太と日々人が一緒に月面・火星にたどり着く姿が期待できる内容でした☆



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ