カネコ・シャロン~登場人物紹介~


スポンサーリンク

天文学者。日本の天文学者金子先生と結婚
したことにより、カネコ・シャロンという名前になっている。

天文学界では有名な人で
本なども出版しており、宇宙兄弟の登場人物の
中では伊東せりかも憧れている一人。

自らには子供が出来なかったため、ムッタとヒビトを
わが子のように思っている、綺麗なアメリカ出身の女性。

家の中には「シャロン望遠鏡」と言われる
望遠鏡を建てており、そこから月が見えるため
ムッタとヒビトは小さい頃から何回も足を運んでいる。

南波兄弟とシャロンとの出会いもこの
シャロン望遠鏡があったからこそである。

統計をとっていないので分からないが、面と向かってシャロンと
合っている時、六太は「シャロンおばちゃん」としか言わないが
日々人は「シャロン」と呼ぶことがある。(13巻127話参照)

 

金子博士が結婚後に発見した小惑星に「シャロン」
という名前がつけられており、月面に望遠鏡をたてて

その小惑星をもっと詳細に見れるようにするのが
夢。その夢を六太に託している。

また、宇宙兄弟の名言の中でも最も有名であると
言われている

「It’s a piece of cake」はシャロンが言ったもの
である。

六太が宇宙飛行士選抜試験合格後にはALSという
せりかの父が亡くなった原因となる病魔に犯されてる
ことが判明。



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

2012年1月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

このページの先頭へ