星加正


スポンサーリンク

JAXA職員。役職は有人宇宙技術部副部長

自身も宇宙飛行士になることを目指していたが
少しの「運」がなく、宇宙飛行士に離れなかった
過去をもつ。

少年時代の六太と日々人と面識があり、六太の事を「モジャ君」
日々人の事を「ツン君」と読んでいた。

昔は「JAXAのライオン」と呼ばれるほどに髪の毛が
ふさふさしていたが現在は髪の毛少なくなってきている。

六太のことを選抜試験で見て以来六太&日々人の
兄弟宇宙飛行士の実現に自身も胸をトキメカせるとともに

 

六太が第2次審査において、危うく落選しそうになった時も
同じJAXA職員の二村君とともに六太が合格することに尽力する。

 

宇宙兄弟ファンデあれば99%の人が星加の事を
好きになるでしょう。

 

なお、第2次審査のおける面接の時に、受験生が
座る椅子のネジを緩めていたのもこの人。

 

自分が宇宙飛行士選抜試験を受けた時に、毛利さんに
同じ事をされたので、今回は自分が仕掛ける側に
なった模様。

そのせいで六太は常に変な体勢を強いられて絶対に
2次審査で落ちると悩んでいたことはもちろん星加は
知りません。

 

六太が宇宙飛行士に選ばれた際には合否の電話をかけずに
わざわざ六太の家の近くまで来て合格を伝えるなど
六太に対して非常に強い思い入れがある事が分かる。

 

そして、この時に初めて六太もあの時のモジャモジャ
の人が星加であることを認識する。



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

2012年1月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

このページの先頭へ