伊東せりか

年齢は26歳で
元お医者さん。

密かに!?六太が想いを寄せる女性。

とても大食漢でゴハンが大好き。一人でゴハンを
食べるときでも

ごちそうさま。と手をあわせて言うなど作法に正しい人。

JAXA第2次審査の心肺機能測定ではB班第1位の
18分。距離にして6キロを乾燥するなどお医者さんで
ありながら運動能力も高い。

自分の名前に誇りを持っており、自分のことをせりかと
呼ぶことを六太に対して承諾する。

学校の課題で自分の名前の由来を親に聞いてくるように言われた時に
父親に最初に質問をした時には、「特にないなぁ」と言われその後
機嫌を悪くするが、

父親がその後本当の名前の由来の話をしてくれてからは自分の
名前に誇りをもっている。(父の話では他にも色々な候補が生まれる
前にはあったが、生まれてはじめて「せりか」を見た時に「せりか」
と呼びたくなったと父親が話しをしている)

第3次審査においては、六太が所属するA班で唯一の女性だったことや
食事が大好きなこともあり、料理当番を自ら率先して行うが
大食漢が災いして、作りすぎてしまい食料が足りなくなるという
事態を引き起こしてします。

しかし、これは六太の機転(小麦粉からうどんを作った)により
回避された。

宇宙飛行士を目指したキッカケは無き父が死亡した原因である
病気の新薬をISSの希望モジュールで開発するためである。

タグ

2012年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

真壁ケンジ

JAXA2次審査中に六太と出会い、親友となる男。

年は六太と同い年で

前髪を一本丸めて垂らすというレトロな髪型を
しているわりには爽やかな青年であり、聡明である。

相手の年齢を見極める特技を持っており、第3話では
六太と伊東せりかの年齢をピタリと当てている。(第3話
時点で、六太は31歳、せりかさんは26歳である)

ちなみに、第3巻の20話でも福田さんの年齢を54歳と
ピタリと当てている。

六太とはとても気が合う用で、出会って10分で
打ち解け、ムッ君・ケンジと呼び合う中になる。

能力的にはとても優秀で何事も深く考える癖がある。

JAXA第3次審査においてはB班に所属し、溝口大和との
壮絶な舌戦が繰り広げられ、B班の雰囲気はほぼ最後まで
悪いままだったが、ケンジのお陰で和やかなムードになる。

B班では課題の得点が多かったものの順に
最終選考通過者2名を決定することになっていたために
第3次審査において一旦は脱落する。

しかし、JAXA側がその能力を高く評価し六太とともに
最終選考に進む受験生と選ばれてそのまま宇宙飛行士
としても選抜される。

宇宙飛行士就任後のNEEMO訓練において、六太と
次の月面着陸者を争うこととなるが、NASA内では
六太のアイデアを評価する声が高く、最短での宇宙への
道は閉ざされてしまう。

タグ

2012年1月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

カネコ・シャロン~登場人物紹介~

天文学者。日本の天文学者金子先生と結婚
したことにより、カネコ・シャロンという名前になっている。

天文学界では有名な人で
本なども出版しており、宇宙兄弟の登場人物の
中では伊東せりかも憧れている一人。

自らには子供が出来なかったため、ムッタとヒビトを
わが子のように思っている、綺麗なアメリカ出身の女性。

家の中には「シャロン望遠鏡」と言われる
望遠鏡を建てており、そこから月が見えるため
ムッタとヒビトは小さい頃から何回も足を運んでいる。

南波兄弟とシャロンとの出会いもこの
シャロン望遠鏡があったからこそである。

統計をとっていないので分からないが、面と向かってシャロンと
合っている時、六太は「シャロンおばちゃん」としか言わないが
日々人は「シャロン」と呼ぶことがある。(13巻127話参照)

 

金子博士が結婚後に発見した小惑星に「シャロン」
という名前がつけられており、月面に望遠鏡をたてて

その小惑星をもっと詳細に見れるようにするのが
夢。その夢を六太に託している。

また、宇宙兄弟の名言の中でも最も有名であると
言われている

「It’s a piece of cake」はシャロンが言ったもの
である。

六太が宇宙飛行士選抜試験合格後にはALSという
せりかの父が亡くなった原因となる病魔に犯されてる
ことが判明。

タグ

2012年1月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

伊藤せりか父・塩川キャスター・トットバード

このページではせりかの父と、選抜試験第3次審査
に出てきた宇宙計画反対派の塩川キャスターそして悲運の死を
遂げたトットパードを紹介しています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年3月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

このページの先頭へ