ジャクサ宇宙飛行士選抜試験~第3次審査~


スポンサーリンク

宇宙兄弟のジャクサ宇宙飛行士試験の第3次審査は
第2次審査を通過した15人により行われました。

一応合格者をおさらいしておきましょう♪

第2次審査合格者

・南波六太
・真壁ケンジ
・森嶋茂雄
・伊東せりか
・古谷やすし
・新田零次
・福田直人
・溝口大和
・北村絵名
・手島有利
・富井竜之介
・山下剛
・清水早苗
・丸宮純
・増田大貴

六太は、昨年及び一昨年の2次審査の合格者が
8名だったため、今回も合格者は8名と思っていましたが
実際には15名もの合格者が出ています。

では試験内容について書いていこうと思います☆

 

バスの中での出来事

バスの中では第3次審査通過者がお互いに10分間
合計140分間会話するように指定されます。

そして、最終的に話をしてみた結果、誰が最も
宇宙飛行士にふさわしいかどうかを記入するように
指示されます。

特に、このアンケートが何らかの意味を持っていたとは
漫画中からは読み取れない。(ツルミーはアンケートを
元に班を振り分けたと言っているが実際に何を基準にしたのかは
不明)

六太は1位をせりか、2位自分、3位ケンジと
書いている。

そして、ちなみに古谷は14位に新田零士、15位に六太を
書いている。理由はこの二人が背が高いから。

班分け

3次審査に進んだ15人は以下のように3班に分けられます。

A班
・南波六太
・伊東せりか
・古谷やすし
・新田零次
・福田直人

B班
・真壁ケンジ
・溝口大和
・北村絵名
・手島有利
・富井竜之介

C班
・森嶋茂雄
・山下剛
・清水早苗
・丸宮純
・増田大貴

この3班に分かれて2週間位渡り閉鎖ボックスで様々な
課題を乗り越えながら生活していきます。

また、2週間終了後には各班から宇宙飛行士にふさわしい者を
2名選ばなければなりません。

 

各班の代表者選抜方法

A班⇒初日に代表者を決定する方法を決めようとするが福田の
提案によりもっとお互いの事を知ってから決めようということに。

最終的にはやっさんが「じゃんけんほど公正なものはない」
といっていたことを六太が思い出しじゃんけんで決定することになる。

これは年齢的に不利な福田さんにもチャンスを与えようということで
六太が機転を聞かせたもの。

B班⇒毎日その日の順位を1~5点で付けていき、最終的に得点の高かったものを選抜する。

C班⇒毎晩寝る前に、その日のMVPだと思う人を自分以外で2名投票する。

課題1ー時間当てクイズ

閉鎖ボックスに入った直後に茄子田理事長から出される課題。

課題は「今何時か当てること」

正解はAM3時8分が正解。

六太が得意のエアそろばんとメーターの距離及びエンジン音で
時間を概算するフリをして大体3時という回答を出します。
ただ、これは真っ赤なウソで実はバスを降りるときに、バスに
運転席にある時計を見たことが理由です。

正解班はA班とB班。C班は2時間のズレで不正解になってしまいます。

課題2ー食料管理

2つ目の課題は、食料をしっかりと自己管理すること。

つまり、5人で生活するに充分とされる量の食料を提供されている
各班はしっかりと2週間暮らせるように調理して行かなければならない。

ただ、何を作るかや誰が当番をするのかは自由で
班ごとに決定する。

A班に関しては、大食漢のせりかの影響もあって終了直前に
食料不足が発生するが、最終的に六太が小麦粉を発見し小麦粉で
UDONを作ることにより食糧危機を回避した。

課題3ー黒いバンド

これは課題とは少し違いますが、漫画の時系列に合わせて
紹介しているため課題とさせて頂きます。

その課題とは手首に黒いバンドを巻くこと。

これをつけることで、脈拍や体温、行動範囲や行動量など
を図っている。

どんな状況でも冷静に対処するべきなのが宇宙飛行士であり
その適正を見るためにつけさせられているものと想定される。

課題4ー計算ランニング

ランニングマシーンで走りながら計算問題に答えるという
単純だがしんどいトレーニング。時間は5分間。

正解すると「ピンコン」
間違うと「ブッブー」の効果音が鳴る。

六太はそろばんをリアルに頭の中で再現できるので通常時は
暗算が非常に得意だが、計算ランニング中にはエアそろばんを
リアルに想像しすぎてしまい、そろばんのコマが動きすぎて
正解数4問という結果に終わってしまいます。

ちなみにこの時福田さんが23問、新田が38問正解している。

課題5ーパソコンを使った打ち込み練習

ただ単純にアルファベットが羅列された紙をパソコン上に
打ち込んでいく作業。

作業時間は2時間。

集中力と持久力のまさに単純作業

課題6ー塩川キャスターへの抗議文

辛口コメントで有名な塩川さん。

莫大な資金がかかる上に、それほど目覚まし成果を出せていない有人飛行に対してとても否定的なのが塩川さんです。

「有人飛行が必要である」ということを彼女に納得してもらえるような
説得力のある文章を書くことが今回の課題。

A班では六太は野淵さんの3次元アリの話を思い出して
何も抗議しないという選択をしますが、結局はセリカさんの
書いた抗議文をA班は採用。(詳しくは宇宙兄弟3巻26話ネタバレ参照)

B班、C班にいたってはどのような抗議文が採用したかも不明。

 

課題7ーグリーンカード(緑のあれ)

JAXA3次審査中に閉鎖ボックス室内で
奇妙な事件が次々に発生する。

その目的は、ストレスに対する耐久性を見ること。

グリーンカードの詳細はコチラ

 

課題8ーパズル

180ピースの長方形のバズル。絵がないため非常に難しい。

制限時間は3時間だが、誰一人完成出来たものはいなかった。

 

なお、ケンジはこのパズルを特別に管制室に掛けあって
完成させる。そして、第3次審査B班メンバーに寄せ書きを
してもらい、部屋の中に飾っている。

 

第3次終了後選出された2名について

A班・・・決定方法:じゃんけん

新田零士・伊藤せりか

 

B班・・・決定方法:課題の成績

手島有利・溝口大和

 

C班・・・決定方法:毎日の投票

清水早苗・森嶋茂雄

最終合格者

上記、選抜から漏れたものプラスJAXA側が資質アリとして
選んだ人間は以下の通り。

・南波六太
・真壁ケンジ
・北村絵名

合格したにも関わらず辞退した人間は以下の通り

・手島優利
⇒宇宙飛行士よりも史上初の地球外生物の発見に
携わりたいと思い辞退する。第3次審査で頑張ったのは
この試験で1位をとれば何だって出来ると思ったから。

宇宙飛行士を目指していた父の想いもあるが最終的には
自分が最もやりたいことを目指すことになる。

よって最終審査に望むメンバーは以下の8名

 

・南波六太
・真壁ケンジ
・伊藤せりか
・新田零士
・森嶋茂雄
・清水早苗
・溝口大和
・北村絵名

【送料無料】宇宙兄弟(4)

【送料無料】宇宙兄弟(4)
価格:580円(税込、送料別)



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ