宇宙兄弟 アニメ 6話 感想&ネタバレ


スポンサーリンク

宇宙兄弟 アニメ 6話 感想&ネタバレです。

タイトルは

頭にまつわるエトセトラ

漫画で言うと2巻の10話と11話です。
ほぼ同じですが漫画バージョンのネタバレ感想は下記よりドウゾ。

宇宙兄弟 漫画 10話
宇宙兄弟 漫画 11話

ではユキます。

今回の話、個人的に大好きな話です♪

6話とはうってかわって、NASAへ見学しに行った六太。
見学場所はNASA・じょんそん宇宙センター。

ここでしか見れない月面基地等に興奮していた六太だが
案内役のジェニファーに真剣に練習している日々人の姿を
見せられ、はしゃいでいた気持ちもすっかり萎えます。
アメリカでは日々人はサムライボーイと呼ばれる程の
人気ぶりなのですから。

その日の夜、日々人はテレビ出演のため不在。
六太はアポと二人でそのテレビを観覧します。

「日々人がサムライなら俺は何だ?」と自問自答する
六太。日々人と自分を柿ピーに見立てて、俺は引き立て役の
ピーナッツにしか過ぎないと落ち込んでいる所に

弟・日々人が全米中に向かって
「自慢の兄です」と褒め称えたのである。

この言葉に対して、自分に自信のない六太はやめてくれと
言わんばかりに「ほめんなよ~!ピーナッツ兄を・・・!」
悶えます。

そんな時に会社の元同僚から電話がかかってきて
JAXAの役員に対して、間寺役員(六太が頭突きをした人。そのせいで
六太は解雇されています。)が有ること無いこと風評を
流していると伝えられます。

その次の日、昔JAXAの職員が
「宇宙飛行士になるには運も必要です」と言っていた事を
思い出しながらバンジージャンプに乗った六太は
「俺にもどうやら運がなかったーーちくしょー!」

シャロンとの約束や、日々人との約束などを思い出しながら
心で叫びます。

そんな中、「宇宙飛行士になるには運も必要です」と言った
張本人であるJAXA職員・星加は選考が不利になっている六太を
どうにかして受からせようと奔走する。

ってな感じで、宇宙兄弟のアニメ6話は終わりました~
一応漫画版で書いているところは意図的に省いたり
しているので(重複しちゃうんで)、漫画版の感想も
読んでみてくださいね~

次回も楽しみですね♪



スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ