星加正

JAXA職員。役職は有人宇宙技術部副部長

自身も宇宙飛行士になることを目指していたが
少しの「運」がなく、宇宙飛行士に離れなかった
過去をもつ。

少年時代の六太と日々人と面識があり、六太の事を「モジャ君」
日々人の事を「ツン君」と読んでいた。

昔は「JAXAのライオン」と呼ばれるほどに髪の毛が
ふさふさしていたが現在は髪の毛少なくなってきている。

六太のことを選抜試験で見て以来六太&日々人の
兄弟宇宙飛行士の実現に自身も胸をトキメカせるとともに

 

六太が第2次審査において、危うく落選しそうになった時も
同じJAXA職員の二村君とともに六太が合格することに尽力する。

 

宇宙兄弟ファンデあれば99%の人が星加の事を
好きになるでしょう。

 

なお、第2次審査のおける面接の時に、受験生が
座る椅子のネジを緩めていたのもこの人。

 

自分が宇宙飛行士選抜試験を受けた時に、毛利さんに
同じ事をされたので、今回は自分が仕掛ける側に
なった模様。

そのせいで六太は常に変な体勢を強いられて絶対に
2次審査で落ちると悩んでいたことはもちろん星加は
知りません。

 

六太が宇宙飛行士に選ばれた際には合否の電話をかけずに
わざわざ六太の家の近くまで来て合格を伝えるなど
六太に対して非常に強い思い入れがある事が分かる。

 

そして、この時に初めて六太もあの時のモジャモジャ
の人が星加であることを認識する。

タグ

2012年1月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

宇宙兄弟名言集♯3~南波六太編♯1

第2次審査の最終面接で
理事長からの質問に対して六太が答えた一言。

理事長
「Did you find something new about
yourself,recently?(自分の中で何か発見したことは?」

という問に対して

この投稿の続きを読む »

タグ

間寺役員

六太の因縁の相手で元上司

株式会社ミラクルカー社所属。

JAXA第2次選考審査においてJAXA職員に
六太の悪評を伝えるなど「頭突き事件」の事を根にもって
六太の事を毛嫌いしていたが、

六太が宇宙飛行士になった途端、手の平を返す変わりっぷりが特徴。

 

六太がなぜ、間寺役員に頭突きをしたかというと
弟日々人の悪口を間寺役員が言ったからです。

 

昔から六太は日々人を守るためには頭を使ってしまう
傾向があり、今回もその悪癖が出てしまい、間寺役員に
頭突きを食らわしてしまうのでした。

 

しかし、六太は株式会社ミラクルカーに所属していた
時に車のデザインセンスも高く、それにより賞レースで
賞も貰っていただけに、優秀な社員もたった一度の過ちで
解雇できるほどの決断力を持っているのが間寺役員である

 

と言えないこともない。(言えない?)

 

六太がアスキャンとなって最初に配属された部署
「月面基地局の開発部署」においてバギーの
開発・改良に携わっていた時に間寺役員は
最登場します。

 

六太が空飛ぶ車の企画案をくれとミラクルカー社の
後輩に電話をかけた時、しゃしゃり出てきてムッタを
会話をします。

 

その真相は、娘が新田のファンだからサインを
貰っておいてくれというもの。

 

非常に現金な男であるが、その後六太の口車に
載せられてNASAのローバー開発に格安で協力
することを約束する。

 

ムッタを首にしたのは事実だが、六太が
「月面基地局の開発部署」から脱出して月への
一歩を踏み出せるようになったのは彼のおかげである。

タグ

2012年1月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

何でも2位

肺活量測定でせりかさんに負けて
六太がケンジに慰めてもらうシーン。
第5話の最初の当たりですね。

「ホームズとワトソン君で言ったら
ワトソンくんの方だよ」

「バットマンとロビンで言ったらロビンだよ俺は」

「主役にはなれないんだよ
俺は最高でも2位に終わる宿命なのさ」

「あとガチャピンとムックで言ったら・・・・」

ムック?

ガチャピンorムックを六太が言おうとした時に
ケンジがきにすることないよって止めるんですけど

いつもは六太のことを

「ムッ君」

と表現するのに、この時ばかりは

「ムックン」

と君がクンになって
ムックと表現しているので、小山さん的にはムック
の方が2番手何でしょうね。あの赤い方。(^_^;)

しかし、よく思いつきますよね。2番手の表現。僕も
書いてみようかと思ったけど思いつかなかったんで
やめときます(^_^;)

タグ

末広がり!

宇宙兄弟単行本1巻の115ページあたりに

六太が好きです(^_^;)

ランニングマシンから転げ落ちる時の

「あぁ~」という声とひ弱な体。

そして、8分を八分⇒末広がりでやったと
思えるその感じ。

フフフっと笑ってしまったところです(^_^;)

タグ

高木ブーと仲本工事

単行本的には1巻のP115に
ドリフターズの高木ブーさんと仲本工事的な
人が出ていますね。

ランニングマシンから早めに脱落する役で笑
ってかこんな人達試験受けたアカンやろm(__)m

さらに、1巻の128ページにも再登場。

ブーさんが
「すごいなぁ・・・・まだもってる」
仲本工事が
「若いからねぇ」

というセリフまでもらっています!!

ちょっと似ているので好きです。

タグ

ジェニファー

丸顔で小太りの黒人。

NASAのマネジメント的な?仕事をしている模様。

常にグラサンをかけており、喋るのが大好き。

 

管理人が宇宙兄弟の脇役の中で最も好きな
キャラクターのうちの1人

 

彼女の伝説的な面白話を幾つか紹介しよう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年1月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

毛莉さん・田村さん・沢木学・青竹フミ

ここでは宇宙兄弟登場人物
「毛莉さん」「田村さん」「沢木学」「青竹フミ」を
紹介しています。

 

特に物語に大きく関連する人物ではないため
纏めて紹介していますが、後に大きく関われば
別枠で取り扱います。

毛莉さん

本物の日本人宇宙飛行士の毛利さんの

毛莉さんバージョン。

 

宇宙兄弟くらい人気になれば別に本名で
使用させてあげてもいいのにと思う今日この頃。

 

ムッタの部屋には幼少期の時にムッタとヒビトと
毛莉さんの3人で取った写真が飾られている。

 

田村さん

田村さんは天文学者・シャロン博士の
自宅に住み込みで働いている助手。

ムッタ・ヒビトが初めてシャロン邸を
訪ねたころよりいる模様。但し、年齢は不詳。

名前も不詳。

沢木学

JAXAの選抜試験の2次審査から登場。

溝口と仲がいい模様。

かなり背が高く、心肺機能測定ではB班3位の
15分31秒を記録

第2次審査では合格者の最後の一枠を六太と
争うが、星加と二村の努力もあり、最後の最後で
六太が逆転勝利を収める。

沢木は落選となる。

青竹フミ

JAXA選抜試験第2次審査で六太と同じB班に所属。

年は結構いっている感じで

六太に日々人のサインを頼むほどの日々人の大ファン。
但し、もらった色紙についているキスマークは日々人に
断られたために六太がつけたものであり、若干可哀想な人でもある。

タグ

2012年1月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

オジー・スミス&スミス妻

このページでは二人で1人。
オジー夫妻について紹介をしています。

 

オジー・スミス

宇宙兄弟第2巻9話にて初登場☆

スミス夫妻の男性の方!!

ヒューストンにある日々人の家の近くに
住んでおり日々人が訓練で不在の時はアポの
散歩などをしてくれている。

ちょび髭がトレードマーク☆

六太からは「オジー」と呼ばれている。

六太がアメリカで消化器男を倒してテレビ出演を
した際には、実際には消化器男を倒したのはAPOで
あることを知っているにも関わらず

 

アメリカの全国ネット放送でムッタを讃えるなど
勝負師である。

 

また、六太が第3次審査を通過するかどうかも隣人
とかけておりギャンブルも好きと想定される
(もちろん、オジーは六太が合格することにかけている)

 

第3次審査終了後~最終選考までの間、日々人の
家に遊びに来ていた六太にバイトを提供している。

 

そのバイト内容は芝刈りだった。六太に対して芝刈り
に関することを熱く語っていたが実際には、オジーも
たったの4年しか、芝刈リストとしては働いていない。

 

スミス妻

スミス夫妻の女性の方!!

ヒューストンにある日々人の家の近くに
住んでおり日々人が訓練で不在の時はアポの
散歩などをしてくれている。

コレといった特徴点はないが、とても良い人☆

タグ

2012年1月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

溝口大和

JAXAの第2次審査から登場。

もともと、優秀な人間で学生時代から常に
トップ・リーダーを務めてきた人間。

その反面、自分より優秀な人間は居ないという
固定観念から人を頼ることを知らない悲しい人間。

第2次審査の心肺機能測定ではB班第2位の
16分2秒を記録するなど、頭の良さに加えて身体能力も
かなり高いレベルにある。

宇宙飛行士選抜試験の第2次審査の時には、友人の沢木学
とともに六太に対して「宇宙飛行士の弟がいると試験内容も分かって有利ですね」

などと声をかけるなど、思ったことをストレートに言う性格。

またJAXAの第3次審査では、真壁ケンジや手島優利、北村絵名と
同じB班に所属していた。

その第3次審査では元来のリーダー気質のためか、常にケンジと
争うことになりB班の雰囲気を乱す要因となってしまう。

第3次審査において出される”グリーンカード”に関してJAXAの
星加が敢えて、ケンジと溝口にはグリーンカードを出していなかったが

閉鎖ボックス内で起こる問題点に関してケンジが悪いのでは
と疑いをかけており、更に険悪な雰囲気に陥ってしまう。

第3次審査においては見事、B班2位の成績で最終審査に挑むものの
最後の現役宇宙飛行士による審査の段階で落とされてしまう。

タグ

2012年1月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:登場人物紹介

このページの先頭へ